移動・回転・拡大縮小による変形するアニメーション

トップ > 簡単なアニメーション3DCGの製作 > 変形する簡単なアニメーションの製作 >
移動・回転・拡大縮小によるアニメーション

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

移動・回転・拡大縮小で動きをつける

移動・回転・拡大縮小で動きをつける簡単なアニメーションを製作します。

なお、オブジェクト単位で移動・回転・拡大縮小を行います

 

製作するアニメーション

製作するアニメーションは、立方体が移動しながら回転し、その後、縮小するというもので、フレーム数は100とします。 50フレーム目で移動と回転を終え、51フレーム目からは縮小します。

製作例 - 移動・回転・拡大縮小によるアニメーション -
 

作業の概要

特定のフレームに立方体の位置と回転とサイズのキーフレームを登録します。 『1フレーム目はこの位置と回転とサイズ』、『50フレーム目はこの位置と回転とサイズ』というように、立方体の位置と回転とサイズのキーフレームを登録していきます。

ページの先頭へ
 
 

アニメーションをつける

では、実際にアニメーションを製作しましょう。

Blenderの新規ファイルを元にしてアニメーションを製作します。 画面上部にあるプルダウンメニューの"File" -> "New"を実行して新規ファイルを開きましょう。

 

1フレーム目のキーフレームを登録する

では、1フレーム目のキーフレームを登録しましょう。 1フレーム目は、立方体の現在の位置と回転とサイズをキーフレームとして登録します。 つまり、特に立方体に対する移動や回転および拡大縮小の操作は行なわず、キーフレームの登録のみを行います

まず、フレームを選択します。 これから1フレーム目での作業を行いますので、対象フレームを1にする必要があります。

1. 対象フレームを1にする
1. 対象フレームを1にする

上図のように対象フレームを1にします。

続いて、キーフレームを登録します。 3D Viewウィンドウのモード選択リスト(モード選択リスト)がObject Mode(オブジェクトモード)になっているかを確認し、なっていなければオブジェクトモードに切り替えます。 また、立方体が選択されていない場合は選択してください。

では、キーフレームを登録します。 立方体が選択され、対象フレームが1になっていること確認し、キーボードの I (アイ)を押します。

2. 1フレーム目の位置・回転・サイズのキーフレームを登録
2. 1フレーム目の位置・回転・サイズのキーフレームを登録

上図のように"Insert Keyframe Menu"というタイトルのメニューが表示されますので、"LocRotScale"を実行します。

これで、1フレーム目に立方体の位置と回転とサイズのキーフレームが登録されました。

  
今は使用しませんが、キーボードのALT + I (アイ)を押すことでキーフレームを削除することができます(選択中のオブジェクトの現フレームのキーフレームが対象)。
 

50フレーム目のキーフレームを登録する

続いて、50フレーム目のキーフレームを登録します。 50フレーム目は、移動および回転させた立方体の位置と回転とサイズをキーフレームとして登録します。

ただし、立方体の移動や回転はまだ行わないでください。 現在は、1フレーム目が選択されていますので、まずは対象フレームを50にします

対象フレームが50になっていること確認し、立方体の移動と回転を行います。 オブジェクトモードのままで、立方体を任意の位置に移動し、続けて回転させてください。

3. 移動・回転後の立方体
3. 移動・回転後の立方体

上図のように立方体を移動・回転します。

では、キーフレームを登録します。 キーボードの I (アイ)を押します。

4. 50フレーム目の位置・回転・サイズのキーフレームを登録
4. 50フレーム目の位置・回転・サイズのキーフレームを登録

上図のように"Insert Keyframe Menu"というタイトルのメニューが表示されますので、"LocRotScale"を実行します。

これで、50フレーム目にもキーフレームが登録されました。

 

100フレーム目のキーフレームを登録する

最後に、100フレーム目のキーフレームを登録します。 100フレーム目は、縮小させた立方体の位置と回転とサイズをキーフレームとして登録します。

まずは、対象フレームを100に変更します

次に、立方体を縮小します。

5. 縮小後の立方体
5. 縮小後の立方体

上図のように立方体を縮小します。

では、キーフレームを登録します。 キーボードの I (アイ)を押します。

6. 100フレーム目の位置・回転・サイズのキーフレームを登録
6. 100フレーム目の位置・回転・サイズのキーフレームを登録

上図のように"Insert Keyframe Menu"というタイトルのメニューが表示されますので、"LocRotScale"を実行します。

これで、100フレーム目にもキーフレームが登録されました。

ページの先頭へ
 
 

アニメーション出力

では、アニメーションを出力しましょう。 手順は、簡単なアニメーション3DCGの製作 > 変形しない簡単なアニメーションの製作 > マテリアル設定によるアニメーション - アニメーション出力 -と同様です。

 

製作例

以下は製作例です。 記事の最初に紹介したものと同じ映像です。

製作例 - 移動・回転・拡大縮小によるアニメーション -
ページの先頭へ
 
 

まとめ

オブジェクトは、キーボードの I (アイ)を押すことで表示される"Insert Keyframe Menu"というタイトルのメニューからキーフレームを登録することができます。 キーフレームの種類は、オブジェクトの位置・回転・サイズの任意の組み合わせです。

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-