Blenderでのマテリアルの設定方法 - 質感(色・光の反射/透過など)を表現する -

トップ > 簡単な3DCGの制作 >
マテリアルで質感を表現する

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

マテリアルで質感を表現する

モデリングの作業は一応完了しました。 次は物体の質感を表現するためのマテリアル設定を行います

マテリアルは、直訳すれば原料・材料・生地となりますが、3DCG制作の世界では、マテリアルは物体の質感の設定情報のことを指します。 Blenderでは、モデリングしたメッシュにマテリアル設定を行うことで質感を表現します。

具体的には、マテリアルは色・光の反射/透過・テクスチャなどの設定項目を持ちます。 それらの設定項目を適切に設定することで、金属、木材、プラスティック、ガラス、肌、泥など様々な質感を表現することができます。

 

この節の内容

  1. マテリアルの作成
  2. マテリアルのメッシュへの割り当て
  3. マテリアルへの質感の設定

では、[次の記事へ]ボタンを押して、この節の次の記事へ進みましょう

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-