Blenderでのオブジェクトについて

トップ > 基礎知識 >
オブジェクトとは

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

オブジェクトという用語について

Blenderを利用する際によく目にする用語が『オブジェクト』です。 『オブジェクト』は直訳すると物体のことですが、Blenderでのオブジェクトという用語も、同じく物体のことを表します。

例えば、オートバイのメッシュを作成したと仮定します。 きっと、光源やカメラも配置することでしょう。

その場合には、オートバイのメッシュ、光源、カメラがオブジェクトです。 つまり、レンダリングされる物体(メッシュ)やレンダリングに影響を与える物体(カメラや光源)がオブジェクトです。

一方、3DCGの作成のための道具である、3Dカーソルやマニピュレータはオブジェクトではありません。 同様に、座標軸アイコンやグリッドもモデリングの目安となる表示物であり、オブジェクトではありません。

初期状態の画面
初期状態の画面

上図の起動直後の画面では、立方体のメッシュ、ランプ、カメラがオブジェクトです。

ページの先頭へ
 
 

まとめ

Blenderでは、メッシュおよびレンダリング結果に影響する物体をオブジェクトと呼びます。

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-