Blenderでのテクスチャの貼り付け - テクスチャの画像を描くためのイメージの作成とUVマップへの関連付け -

トップ > 簡単な3DCGの制作 > テクスチャで模様を表現する >
イメージの作成

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

イメージの役割

イメージは、テクスチャの元絵となる2次元の画像です。 なお、イメージはUVマップを選択して作成するため、自動的にUVマップと関連付けされます

ページの先頭へ
 
 

イメージの作成とUVマップへの関連付け

テクスチャの元絵となる"Wings"と"Head"および"Legs"のイメージを作成します。 なお、イメージは作成を行うのみでペイントはまだ行いません。 そのためイメージは初期状態の黒のままです。

 

Wings用のイメージの作成

まずは、Wings用のイメージを追加します。 エディットモードからオブジェクトモードへ切り替えます。 キーボードのTABキーを押します(または3D Viewウィンドウのモード選択リスト(モード選択リスト)のObject Mode(オブジェクトモード)を選択します)。

てんとう虫の体を選択し、キーボードのTABキーを押します(または3D Viewウィンドウのモード選択リスト(モード選択リスト)のEdit Mode(エディットモード)を選択します)。

キーボードのAを押して全解除した後、再度、キーボードのAを押して全選択を行います。

1. オブジェクトデータパネル切替ボタンを押す
1. オブジェクトデータパネル切替ボタンを押す

上図のようにメッシュを全選択したことを確認し、Propertiesウィンドウのオブジェクトデータパネル切替ボタン(オブジェクトデータパネル切替ボタン)を押します。

続いて、UVマップを選択します。

2. Wings用のUVマップを選択
2. Wings用のUVマップを選択

上図のようにUV MapsパネルにあるUVマップの一覧から"Wings"という表示のUVマップ(UVマップ)を選択します

  
メッシュを全選択するのは展開図を表示させるためです。 展開図は、モードがエディットモードで、対応するメッシュの面が選択されている場合にのみ表示されます。
  
イメージの作成は、展開図が表示されていなくても問題ないのですが、展開図が表示されるほうが作業内容を直感的に理解しやすいのではと考えこのような手順で説明しています。
 
<< イメージの作成 >>

では、イメージを作成します。

3. イメージ追加ボタンを押す
3. イメージ追加ボタンを押す

上図のようにUV/Image Editorウィンドウのイメージ選択リスト(イメージ選択リスト)のイメージ追加ボタン(イメージ追加ボタン)を押します。

  
UV/Image Editorウィンドウのプルダウンメニューの"Image" -> "New Image"を実行しても同様の結果が得られます(またはキーボードのALT + Nを押します)。
4. OKボタンを押す
4. OKボタンを押す

上図のように"New Image"というタイトルのパネルが表示されますので、OKボタンを押します。

  
今回は変更しませんが、WidthとHeightで作成するイメージの横と縦のサイズを指定することができます(貼り付けるテクスチャの絵を細かくしたい場合には、初期値の1024よりも大きな値にします)。
5. Wings用のイメージの作成
5. Wings用のイメージの作成

上図のようにUV/Image Editorウィンドウにイメージが作成されます。 しかし、初期値の1024 x 1024の画像では、初期のズーム率では画面からはみ出します。

適切なズーム率にするため、キーボードのHOMEキーを押します

6. Wings用のイメージの全体表示
6. Wings用のイメージの全体表示

上図のようにズーム率が変更され、イメージ全体が表示されます。

 
<< 名称を変更する >>

作成したイメージの名称を"Wings"に変更します。

7. 名称を変更する
7. 名称を変更する

上図のようにイメージ選択リスト(イメージ選択リスト)のイメージ名称入力欄()の文字の部分を押して入力状態に切り替え、"Wings"と入力し、キーボードのEnterキーで確定します。

 
<< イメージのファイルへの保存 >>

作成したイメージをファイルへ保存します。

8. プルダウンメニューからの保存
8. プルダウンメニューからの保存

上図のようにUV/Image Editorウィンドウのプルダウンメニューの"Image" -> "Save As Image"を実行します。

9. File Browserウィンドウ
9. File Browserウィンドウ

上図のようにFile Browserウィンドウが表示されますので、イメージ形式選択リスト(イメージ形式選択リスト)から"JPEG"を選択します

さらにファイル名を確認し、"Wings.jpg"でなければ"Wings.jpg"に変更し、[Save As Image]ボタン([Save As Image]ボタン)を押します。

ファイルが保存されると、File Browserウィンドウは自動的に閉じます

  
ファイルの保存場所は自由に設定できますが、Blenderファイル("ladybug.blend")と同じ場所の方が管理しやすいです。
  
イメージは、Blenderファイルに含めることもできるのですが、現時点ではその作業は行わずに外部ファイルとして管理します。
 

Head用のイメージの作成

続いて、2つめのイメージであるHead用のイメージを追加します。

10. Head用のUVマップを選択
10. Head用のUVマップを選択

上図のようにUV MapsパネルにあるUVマップの一覧から"Head"という表示のUVマップ(UVマップ)を選択します。

 
<< イメージの作成 >>

では、イメージを作成します。

11. イメージ追加ボタンを押す
11. イメージ追加ボタンを押す

上図のようにUV/Image Editorウィンドウのイメージ選択リスト(イメージ選択リスト)のイメージ追加ボタン(イメージ追加ボタン)を押します。

12. OKボタンを押す
12. OKボタンを押す

上図のように"New Image"というタイトルのパネルが表示されますので、Nameを"Head"に変更し、OKボタンを押します。

13. Head用のイメージの作成
13. Head用のイメージの作成

上図のようにUV/Image Editorウィンドウにイメージが作成されます。

 
<< イメージのファイルへの保存 >>

続いて、イメージを保存します。 UV/Image Editorウィンドウのプルダウンメニューの"Image" -> "Save As Image"を実行します。

File Browserウィンドウが表示されますので、イメージ形式選択リスト(イメージ形式選択リスト)から"JPEG"を選択します

さらにファイル名を確認し、"Head.jpg"でなければ"Head.jpg"に変更し、[Save As Image]ボタン([Save As Image]ボタン)を押します。

 

Legs用のイメージの作成

続いて、3つめのイメージであるLegs用のイメージを追加します。

エディットモードからオブジェクトモードへ切り替えます。 キーボードのTABキーを押します(または3D Viewウィンドウのモード選択リスト(モード選択リスト)のObject Mode(オブジェクトモード)を選択します)。

てんとう虫の脚を選択し、キーボードのTABキーを押します(または3D Viewウィンドウのモード選択リスト(モード選択リスト)のEdit Mode(エディットモード)を選択します)。

14. 全選択された脚
14. 全選択された脚

上図のようにメッシュを全選択します。

 
<< イメージの作成 >>

では、イメージを作成します。

15. イメージ追加ボタンを押す
15. イメージ追加ボタンを押す

上図のようにUV/Image Editorウィンドウのイメージ選択リスト(イメージ選択リスト)のイメージ追加ボタン(イメージ追加ボタン)を押します。

16. OKボタンを押す
16. OKボタンを押す

上図のように"New Image"というタイトルのパネルが表示されますので、Nameを"Legs"に変更し、OKボタンを押します。

17. Legs用のイメージの作成
17. Legs用のイメージの作成

上図のようにUV/Image Editorウィンドウにイメージが作成されます。

 
<< イメージのファイルへの保存 >>

続いて、イメージを保存します。 UV/Image Editorウィンドウのプルダウンメニューの"Image" -> "Save As Image"を実行します。

File Browserウィンドウが表示されますので、イメージ形式選択リスト(イメージ形式選択リスト)から"JPEG"を選択します

さらにファイル名を確認し、"Legs.jpg"でなければ"Legs.jpg"に変更し、[Save As Image]ボタン([Save As Image]ボタン)を押します。

ページの先頭へ
 
 

現状どうなっているのか

"Wings"と"Head"および"Legs"の3つのイメージが正常に作成され、外部ファイルとして保存されました。 なお、イメージはUVマップを選択して作成したため、この時点ですでにUVマップと関連付けられています。

なお、イメージはペイントしていないため黒いままです。 また、テクスチャを作成していないためイメージとマテリアルは関連付けされておらず、レンダリング結果にはどのみち表示されません。

ページの先頭へ
 
 

まとめ

イメージは、UV/Image Editorウィンドウのプルダウンメニューの"Image" -> "New Image"を実行して作成します。

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-