Blenderが起動することを確認する

トップ > インストール > Blenderのインストール(Windows) >
Blenderの起動テスト

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

Blenderの起動を確認する

Blenderのインストール作業が完了しました。 しかし、インストールさえ完了すれば、Blenderが正常に動作するというわけではありません

ここでは、Blenderが正常に起動するかどうかを確認します。 起動しなかった場合は、必要に応じて追加のソフトウェアの導入を行います

 

起動確認

まずは、Blenderが起動するかどうかを確認します。 インストーラの最後の画面で"Run Blender 2.72b"がチェックされていたなら、すでにBlenderは起動してます。

"Run Blender 2.72b"のチェックを外していたなら、スタートメニューやデスクトップアイコンからBlenderを起動してください。

Blenderの起動が成功すると、上図の画面が表示されます。 もし、Blenderが起動しなかった場合は、以下を参考に対策を実施してください

 

失敗例1 - Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージが不足 -

画面が表示されず、"アプリケーションを正しく初期化できませんでした (0xc0150002)"というメッセージが表示された場合は、Blenderの起動は失敗したことになります。

失敗例1 - Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージが不足 -
失敗例1 - Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージが不足 -

これは、"Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ" が導入されていない場合に発生します。

Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージは、Microsoftから無料で配布されているソフトウェアです。 以下の手順に従ってVisual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージをインストールしてください。

 

失敗例2 - Windows XP Service Pack 3が適用されていない -

画面が表示されず、"プロシージャ エントリ ポイント GetLogicalProcessorInformation がダイナミック リンク ライブラリ KERNEL32.dll から見つかりませんでした。"というメッセージが表示された場合は、Blenderの起動は失敗したことになります。

失敗例2 - Windows XP Service Pack 3が適用されていない -
失敗例2 - Windows XP Service Pack 3が適用されていない -

これは、Windows XP Service Pack 3が適用されていない場合に発生します。 Windows XPでは、Windows XP Service Pack 3が適用されていなければBlenderは動作しません

Windows XP Service Pack 3は、Microsoftから無料で配布されているソフトウェアです。 以下の手順に従ってWindows XP Service Pack 3をインストールしてください。

ページの先頭へ
 
 

スプラッシュウィンドウの説明とBlenderの終了方法

続いて、起動時に表示される『スプラッシュウィンドウ』について説明します。 また、起動したBlenderの終了方法についても説明します。

前節で、Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージやWindows XP Service Pack 3をインストールした場合は、再度、スタートメニューやデスクトップアイコンからBlenderを起動します。

上図のようにBlenderが起動し、初期の画面が表示されます

 

スプラッシュウィンドウについて

スプラッシュウィンドウ
スプラッシュウィンドウ

中央にあるウィンドウ(上図)は、『スプラッシュウィンドウ』です。

スプラッシュウィンドウとは、ソフトウェアの起動時に表示される画面のことです。

 

スプラッシュウィンドウの消し方

一般的に、スプラッシュウィンドウはソフトウェアの起動が完了すれば消えます。 しかし、Blenderのスプラッシュウィンドウは自動では消えません。 スプラッシュウィンドウを消すには、スプラッシュウィンドウ外をクリックします(またはキーボードのEnterキーを押します)。

  
スプラッシュウィンドウ内の何もない場所(山の画像の部分など)をマウスでクリックすることでもスプラッシュウィンドウを消すことができます。

では、スプラッシュウィンドウ外をクリックするかキーボードのEnterキーを押して、スプラッシュウィンドウを消してください。

スプラッシュウィンドウが消えてBlenderの画面全体を見渡せるようになりました。

 

Blenderの終了方法

では、せっかく起動したBlenderですが、ここで一度終了します。

Blenderを終了するには、画面上部にあるプルダウンメニューの"File" -> "Quit"を実行するか、キーボードのCTRL + Qを押します

"OK?"というタイトルのメニューが表示されますので、"Quit Blender"を実行します(またはキーボードのEnterキーを押します)。 なお、何もしないままマウスを大きく移動すると、"OK?"メニューは消えてしまいますので注意してください

  
画面にポップアップ表示されるメニューやメッセージは、マウスを大きく動かすと消えてしまいます(マウスカーソルがメニューから大きく外れると消えます)。
  
変更がファイルに保存済み(または未変更)である場合は"OK?"メニューが表示されないまま終了することもあります。
ページの先頭へ
 
 

まとめ

Blenderは画面上部にあるプルダウンメニューの"File" -> "Quit"を実行することで、またはキーボードのCTRL + Qで終了します。

操作/コマンド 説明
(画面上部のプルダウンメニュー)
"File" -> "Quit"
Blenderを終了する
CTRL + Q Blenderを終了する
ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-