Blenderでの非表示と再表示 - 選択部位以外の非表示 -

トップ > モデリング > 非表示と再表示 >
選択部位以外の非表示

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

必要な部位を選んでそれ以外を非表示にする

オブジェクトモードおよびエディットモードで、選択中のオブジェクトやメッシュの部位以外を非表示にすることができます。

オブジェクトモード ○ 利用可
エディットモード ○ 利用可
 

選択部位以外の非表示の手順

オブジェクトモードでは非表示にするオブジェクトを残して、エディットモードでは非表示にする部位を残して選択し、キーボードのSHIFT + Hを押します。

オブジェクトモードでの選択部位以外の非表示
オブジェクトモードでの選択部位以外の非表示

上図のようにオブジェクトモードでは、選択中のオブジェクト以外が非表示になります。

エディットモードでの選択部位以外の非表示
エディットモードでの選択部位以外の非表示

上図のようにエディットモードでは、選択中の部位以外が非表示になります。

 

他のオブジェクトを非表示にするもっと簡単な方法

選択しているオブジェクト以外を非表示にするもっと簡単な方法もあります。 なお、この方法では、エディットモードの場合でもオブジェクト単位で非表示になります

オブジェクトモードまたはエディットモードで、キーボードのテンキーの/(スラッシュ)を押します。 すると、『ローカルビュー』と呼ばれる表示モードに切り替わり、選択中のオブジェクト以外が非表示になります。

再度、キーボードのテンキーの/(スラッシュ)を押すと、『グローバルビュー』に戻ります。

ローカルビューでは、選択中のオブジェクト以外は表示されなくなります

ページの先頭へ
 
 

まとめ

オブジェクトモードおよびエディットモードで、キーボードのSHIFT + Hを押すことで、選択中のオブジェクトやメッシュの部位以外を非表示にすることができます。

操作/コマンド 説明
SHIFT + H 選択中のオブジェクトやメッシュの部位以外を非表示にする
ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-