Blenderでの選択機能 - 選択範囲の縮小 -

トップ > モデリング > 様々な選択機能 >
選択範囲の縮小

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

選択範囲を1段階縮める

エディットモードで、選択範囲を縮める機能が『選択範囲の縮小』です。 選択範囲の縮小で、選択されている範囲を1段階縮小することができます

頂点選択モード ○ 利用可
辺選択モード ○ 利用可
面選択モード ○ 利用可
 

選択範囲の縮小の手順

エディットモードで、任意の範囲を選択し、キーボードのCTRL + テンキーの-(マイナス)を押します。

頂点選択モードでの選択範囲の縮小
頂点選択モードでの選択範囲の縮小

上図のように頂点選択モードでは、隣接する全ての頂点が選択されている頂点のみが残されます。

辺選択モードでの選択範囲の縮小
辺選択モードでの選択範囲の縮小

上図のように辺選択モードでは、隣接する全ての辺が選択されている辺のみが残されます。

面選択モードでの選択範囲の縮小
面選択モードでの選択範囲の縮小

上図のように面選択モードでは、隣接する全ての面が選択されている面のみが残されます。

ページの先頭へ
 
 

まとめ

エディットモードで、キーボードのCTRL + テンキーの-(マイナス)を押すことで、選択されている範囲を1段階縮小することができます。

操作/コマンド 説明
CTRL + -(マイナス)(テンキー) 選択されている範囲を1段階縮小する
ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-