Blenderでの選択機能 - 投げ縄選択 -

トップ > モデリング > 様々な選択機能 >
投げ縄選択

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

囲んで選択

エディットモードで、マウスのドラッグで囲んだ部位を選択する機能が『投げ縄選択』です。 投げ縄選択で、マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグで囲んだ内部を選択することができます

頂点選択モード ○ 利用可
辺選択モード ○ 利用可
面選択モード ○ 利用可
 

投げ縄選択の手順

エディットモードで、キーボードのCTRLキーを押しながらマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でドラッグすることで、囲んだ内部を追加選択することができます。 なお、キーボードのCTRLキーとSHIFTキーを押しながらマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でドラッグすることで、囲んだ内部を選択解除することができます。

マウスの左ボタンのドラッグ
マウスの左ボタンのドラッグ

上図のようにキーボードのCTRLキーを押しながらのマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグでは、囲んだ内部が追加選択されます。

マウスの中ボタンのドラッグ
マウスの中ボタンのドラッグ

上図のようにキーボードのCTRLキーとSHIFTキーを押しながらのマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグでは、囲んだ内部が選択解除されます。

ページの先頭へ
 
 

まとめ

エディットモードで、キーボードのCTRLキーを押しながらマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でドラッグして囲むことで、囲んだ内部を追加選択することができます。 なお、キーボードのCTRLキーとSHIFTキーを押しながらマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)でドラッグして囲むことで、囲んだ内部を選択解除することができます。

操作/コマンド 説明
CTRL + マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ 囲んだ内部を追加選択する
CTRL + SHIFT + マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)のドラッグ 囲んだ内部を選択解除する
ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-