Blenderでのメッシュの加工 - 球体化 -

トップ > モデリング > メッシュの加工 >
球体化

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

球体に近づける

エディットモードで、形状を球体に近づける機能が『球体化』です。 球体化で、選択中の頂点を球体化することができます

  
『球体化』の英語表記は To Sphere です。
頂点選択モード ○ 利用可
辺選択モード ○ 利用可
面選択モード ○ 利用可
 

球体化の手順

エディットモードで、球体化する頂点を選択し、キーボードのALT + SHIFT + Sを押します。

選択中の頂点が球体化され、さらに球体化の強さ(To Sphere)を調整可能な状態になります。 マウスカーソルを右方向に動かすと球体化が強まり、左方向に動かすと球体化が弱まります。

球体化の強さを調整したらマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)を押して確定します(またはキーボードのEnterキーを押します)。

頂点選択モードでの球体化
頂点選択モードでの球体化

上図のように頂点選択モードでは、選択中の頂点が球体化されます。

辺選択モードでの球体化
辺選択モードでの球体化

上図のように辺選択モードでは、選択中の頂点が球体化されます。

面選択モードでの球体化
面選択モードでの球体化

上図のように面選択モードでは、選択中の頂点が球体化されます。

 

球体化は中心位置が重要

球体化は、実は単純な処理です。 中心位置から選択中の頂点までの平均距離を求め、その平均距離の位置に選択中の各頂点が近づくよう移動します。

近づく量が多いほど球体化が強まり、平均距離の位置まで移動すると完全な球体となります。

つまり、この加工ツールでは中心位置を正しく指定することが重要です。 中心位置の指定は、3D Viewウィンドウの中心位置選択リスト(中心位置選択リスト)で行います。

ページの先頭へ
 
 

まとめ

エディットモードで、キーボードのALT + SHIFT + Sを押すことで、選択中の頂点を球体化することができます。

操作/コマンド 説明
ALT + SHIFT + S 選択中の頂点を球体化する
ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-