Blenderでのメッシュの加工 - サブディバイド -

トップ > モデリング > メッシュの加工 >
サブディバイド

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

本当に辺や面を細分化

エディットモードで、辺や面を分割して細分化する機能が『サブディバイド』です。 サブディバイドで、選択中の辺や面を細分化することができます

  
『サブディバイド』の英語表記は Subdivide です。

簡単な3DCGの制作 > 形状をなめらかにするではサブディビジョンサーフェスを使って細分化しました。 ただし、サブディビジョンサーフェスは擬似的に細分化するものであり、形状は全く変化しません。 つまり、物体をなめらかに見せる効果はあっても、細部の形状を表現するための細分化としては役に立ちません

一方、サブディバイドでは、擬似的にではなく本当に細分化することができます

頂点選択モード ○ 利用可
辺選択モード ○ 利用可
面選択モード ○ 利用可
 

サブディバイドの手順

まずは、全ての面を選択した状態で細分化してみます。 エディットモードで、全ての面を選択しキーボードのWを押します。 "Specials"というタイトルのメニューが表示されますので、"Subdivide"を実行します。

前面選択でのサブディバイド
前面選択でのサブディバイド

上図のように面が細分化されます。

次に、一部の面のみを選択した状態で細分化してみます。 エディットモードで、視点寄りの面のみを選択しキーボードのWを押します。 "Specials"というタイトルのメニューが表示されますので、"Subdivide"を実行します。

一部選択でのサブディバイド
一部選択でのサブディバイド

上図のように面が細分化されます。 ただし、五角形の面ができていることに注目してください

生成された五角形の面
生成された五角形の面

上図のように細分化した面に隣接する面が五角形になっています。

すでに説明したように、四角形以外の面があるとループ選択やリング選択、ループ細分化などの便利な機能が使えなくなります。 よって、一部の辺や面だけを細分化する場合にはサブディバイドは適切ではありません。

一部の辺や面だけを細分化する場合は、サブディバイドではなく、次の記事で紹介する『差し込み』がおすすめです

または、簡単な3DCGの制作 > モデリング > 体のモデリング(エディットモード)(その1) - 上面からみて8角形にする -で説明したナイフによる細分化もおすすめです。

 

ナイフでの細分化の手順

では、実際にナイフを使って細分化してみましょう。

1. ナイフでの細分化
1. ナイフでの細分化

上図のように細分化する面を選択し、ナイフによる細分化を行います。 キーボードのSHIFT + Kを押します。

続けて、細分化線を引きます。 細分化線は、マウスの左ボタン(マウスの左ボタン)を連続してクリックすることで引くことができます。 クリック点をつなぐ線が、そのまま細分化線になります

なお、ナイフカーソルが頂点や辺に近づくと、クリック点が自動的に頂点や辺に吸い寄せられます。 また、キーボードのCTRLキーを押すと、辺の中間点に吸い寄せられます

2. 細分化中のメッシュ
2. 細分化中のメッシュ

上図のように細分化線を引きます。 赤い点をつなぐ線が細分化線です。

キーボードのCTRLキーを押しながらクリックしたことで、各辺の中間を通るように細分化線が引かれています

続いて、細分化を確定します。 キーボードのEnterキーを押します。

3. 細分化後のメッシュ
3. 細分化後のメッシュ

上図のように細分化されます。

続けて、右上の面も細分化します。

4. ナイフでの細分化
4. ナイフでの細分化

上図のように細分化する面を選択し、ナイフによる細分化を行います。 キーボードのSHIFT + Kを押します。

続けて、細分化線を引きます。

5. 細分化中のメッシュ
5. 細分化中のメッシュ

上図のように辺の中間点を結ぶように細分化線を引きます。 続いて、細分化を確定します。 キーボードのEnterキーを押します。

6. 細分化後のメッシュ
6. 細分化後のメッシュ

上図のように細分化されます。

ただし、まだ三角形と五角形に細分化されただけです。 これを四角形にするためさらに細分化します。

7. ナイフでの細分化
7. ナイフでの細分化

上図のように五角形の面を選択し、ナイフによる細分化を行います。 キーボードのSHIFT + Kを押します。

続けて、細分化線を引きます。

8. 細分化中のメッシュ
8. 細分化中のメッシュ

上図のように外側の頂点から内側の辺の中間点に細分化線を引きます。 続いて、細分化を確定します。 キーボードのEnterキーを押します。

9. 細分化後のメッシュ
9. 細分化後のメッシュ

上図のように細分化されます。

残りの3つの五角形の面も同様に細分化します。

10. 細分化後のメッシュ
10. 細分化後のメッシュ

上図のように細分化します。 三角形に見える面が作成されていますが、よく見ると形状が三角となっているだけで頂点および辺は4つあることがわかります

11. 四角形に細分化されたメッシュ
11. 四角形に細分化されたメッシュ

上図のように頂点選択モードにするとわかりやすいです。 全ての面に頂点が4つあること、つまり、全ての面が四角形となっていることがわかります。

ページの先頭へ
 
 

まとめ

エディットモードで、キーボードのWを押すことで表示されるSpecialsメニューから"Subdivide"を実行することで、選択中の辺や面を細分化することができます。

操作/コマンド 説明
W -> "Subdivide" 選択中の辺や面を細分化する
ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-