Blenderでのメッシュの加工 - 切り分け -

トップ > モデリング > メッシュの加工 >
切り分け

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

辺で切り分ける

エディットモードで、辺で切り分ける機能が『切り分け』です。 切り分けで、選択中の辺で切り分けることができます

  
『切り分け』の英語表記は Edge Split です。

前の記事で紹介した『切り裂き』とは違い、周囲から完全に切り離して分離することも可能です

頂点選択モード ○ 利用可
辺選択モード ○ 利用可
面選択モード ○ 利用可
 

切り分けの手順

エディットモードで、切り分ける辺を選択し、キーボードのCTRL + Eを押します。 "Edges"というタイトルのメニューが表示されますので、"Edge Split"を実行します。

実行すると、選択中の辺で切り分けられ処理が完了します。 他の加工ツールの多くが、実行中にキーボードやマウスカーソルで移動することができますが、この加工ツールは実行した時点で処理が完了します。

また、この加工ツールで注意しなければならないのが、処理完了後の選択状態と選択方法です。

この加工ツールでは、選択中の辺が複製されますが、複製されて双子になった辺はどちらも選択状態になります。 つまり、この加工ツールを使用した後は、対象を選択し直さなければ穴を広げられないということです。

また、双子の辺はどちらも全く同じ位置に存在します。 そのため、頂点選択モードや辺選択モードでは、双子のどちらが選択されるかは制御できません。 つまり、この加工ツールを使用した後は、面選択モードで選択して穴を広げる必要があります

頂点選択モードでの切り分け
頂点選択モードでの切り分け

上図のように頂点選択モードでは、選択中の辺で切り分けられます。

  
処理完了後に面選択モードで面を選択して移動しています。
辺選択モードでの切り分け
辺選択モードでの切り分け

上図のように辺選択モードでは、選択中の辺で切り分けられます。

  
処理完了後に面選択モードで面を選択して移動しています。
面選択モードでの切り分け
面選択モードでの切り分け

上図のように面選択モードでは、選択中の面が構成する辺で切り分けられます。

  
処理完了後に面選択モードで面を選択して移動しています。
 

切り分けの例

ここでは切り分けの例を紹介します。 なお、以下の例で使用するメッシュは、立方体を細分化したメッシュです。

1. 立方体のメッシュ
1. 立方体のメッシュ

上図のように立方体を細分化したメッシュを使用します。

切り分ける辺を選択します。 辺の選択は、頂点選択モードでも辺選択モードでも面選択モードでも構いませんが、ここでは頂点選択モードで選択するものとして説明します。

2. 辺の選択
2. 辺の選択

上図のように切り分ける辺を頂点選択モードで選択します。

続いて、切り分けを実行します。 キーボードのCTRL + Eを押します。 "Edges"というタイトルのメニューが表示されますので、"Edge Split"を実行します。

3. 切り分けの完了
3. 切り分けの完了

上図のように切り分けられます(辺が複製されただけなのでわかりにくです)。

続いて、切り分けた辺を移動して穴を広げましょう。 キーボードのGを押します。 移動が可能な状態になりますので、任意の場所に移動してマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)を押します(またはキーボードのEnterキーを押します)。

4. 移動後のメッシュ
4. 移動後のメッシュ

上図のように穴は広がりません。 これは、切り分けで複製されて双子になった辺が同じだけ移動してしまったためです。

では、キーボードのCTRL + Zを押して、移動を取り消してください。

5. 取り消された移動
5. 取り消された移動

上図のように移動が取り消されます。

続いて、頂点を選択し直して移動します。 まずは、選択を解除します。

6. 選択の解除
6. 選択の解除

上図のように選択を解除します。

続いて、頂点を選択し直します。

7. 面の選択
7. 面の選択

上図のように頂点を選択します。

再度、移動します。 キーボードのGを押します。 移動が可能な状態になりますので、任意の場所に移動してマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)を押します(またはキーボードのEnterキーを押します)。

8. 移動後のメッシュ
8. 移動後のメッシュ

上図のように思った通りには穴を広げられません。 これは、双子の頂点が同じ位置に存在していることにより、同一面を構成するような頂点の選択ができなかったためです。

では、キーボードのCTRL + Zを押して、移動を取り消してください。

9. 取り消された移動
9. 取り消された移動

上図のように移動が取り消されます。

続いて、面を選択して移動します。 面の選択は、面選択モードで行います。

10. 面の選択
10. 面の選択

上図のように移動する面を面選択モードで選択します。

再度、移動します。 キーボードのGを押します。 移動が可能な状態になりますので、任意の場所に移動してマウスの左ボタン(マウスの左ボタン)を押します(またはキーボードのEnterキーを押します)。

11. 移動後のメッシュ
11. 移動後のメッシュ

上図のように面で選択することで、穴を広げることができました。

ページの先頭へ
 
 

まとめ

エディットモードで、キーボードのCTRL + Eを押すことで表示されるEdgesメニューから"Edge Split"を実行することで、選択中の辺で切り分けることができます。

操作/コマンド 説明
CTRL + E -> "Edge Split" 選択中の辺で切り分ける
ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-