Blenderでのメッシュの加工 - ループ辺の接続 -

トップ > モデリング > メッシュの加工 >
ループ辺の接続

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

ループ辺とループ辺を新たな面で接続する

エディットモードで、ループ辺とループ辺を新たな面で接続する機能が『ループ辺の接続』です。 ループ辺の接続で、選択中のループ辺とループ辺をつなぐ新たな面を作成することができます

  
『ループ辺の接続』の英語表記は Bridge Edge Loops です。
頂点選択モード ○ 利用可
辺選択モード ○ 利用可
面選択モード × 利用不可(実行されるが期待した結果にはならない)
 

ループ辺の接続の手順

エディットモードで、ループ辺とループ辺を選択し、キーボードのCTRL + Eを押します。 "Edges"というタイトルのメニューが表示されますので、"Bridge Edge Loops"を実行します。

頂点選択モードでのループ辺の接続
頂点選択モードでのループ辺の接続

上図のように頂点選択モードでは、ループ辺とループ辺をつなぐ新たな面が作成されます。

  
上面の中心の頂点は、辺を構成していないため処理の対象外となっています。
辺選択モードでのループ辺の接続
辺選択モードでのループ辺の接続

上図のように辺選択モードでは、ループ辺とループ辺をつなぐ新たな面が作成されます。

面選択モードでのループ辺の接続
面選択モードでのループ辺の接続

上図のように面選択モードでは、よくわからない結果となります。

 

閉じていない辺の接続

閉じていない辺、つまりループ辺になっていない場合でもこの機能は動作します

閉じていない辺の場合
閉じていない辺の場合

上図のように閉じていない辺でも機能します

 

頂点数が異なるループ辺の接続

頂点数が異なるループ辺を選択している場合でもこの機能は動作します。

頂点数が異なるループ辺の場合
頂点数が異なるループ辺の場合

上図のように頂点数が異なるループ辺でも機能します

 

3つ以上のループ辺の接続

3つ以上のループ辺を選択している場合でもこの機能は動作します。

3つ以上のループ辺の場合
3つ以上のループ辺の場合

上図のように複数のループ辺が最短の経路で接続されます。

ページの先頭へ
 
 

まとめ

エディットモードで、キーボードのCTRL + Eを押すことで表示されるEdgesメニューから"Bridge Edge Loops"を実行することで、選択中のループ辺とループ辺をつなぐ新たな面を作成することができます。

操作/コマンド 説明
CTRL + E -> "Bridge Edge Loops" 選択中のループ辺とループ辺をつなぐ新たな面を作成する
ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-