Blenderの標準設定の画面レイアウト

トップ > 基礎知識 > 画面レイアウト >
初期の画面レイアウト

 
 
 
-
-
-
-
 
 
 
 
 
 
 

標準設定の画面レイアウト

標準設定の画面レイアウトでは、画面は5つのエリアに分割されています。 それぞれのエリアは、『ウィンドウ』と呼ばれます

標準設定の画面レイアウト
標準設定の画面レイアウト

下図は見やすいようにそれぞれのウィンドウを薄く着色したものです。

標準設定の画面レイアウト(着色版)
標準設定の画面レイアウト(着色版)

では、各ウィンドウについて、もう少し詳しく見てみましょう。

 

Infoウィンドウ

Infoウィンドウ
Infoウィンドウ

Infoウィンドウには、ファイルを開く、ファイルへ保存する、Blenderを終了するといった基本的な操作を行うためのプルダウンメニューがあります。

また、ウィンドウ右側にはBlenderのバージョンやメッシュの頂点の数(Verts:XXXX)や面の数(Faces:XXXX)などの情報が表示されています。

  
Blenderではプルダウンメニューや選択リストが配置されているエリアのことをヘッダと呼びます。
  
各ウィンドウには、そのウィンドウ用のヘッダが、ウィンドウの上部または下部に配置されています。 下部にあっても『ヘッダ』と呼ばれます。
 

3D Viewウィンドウ

3D Viewウィンドウ
3D Viewウィンドウ

3D Viewウィンドウは、メッシュを3次元で表示するためのウィンドウです。 多くの時間をこのウィンドウでのモデリング作業に費やすことになります。

ウィンドウ下部には専用のヘッダが、左側にはツールシェルフ(道具棚)があります。

 

Timelineウィンドウ

Timelineウィンドウ
Timelineウィンドウ

Timelineウィンドウは、アニメーションの制御を行うためのウィンドウです。

ウィンドウ下部には専用のヘッダがあります。

 

Outlinerウィンドウ

Outlinerウィンドウは、Blenderで扱うさまざまな要素をツリー表示するためウィンドウです。 メッシュオブジェクトやランプ、カメラなどが階層的に表示されます。

どんなオブジェクトが存在しているのかを確認することができ、親子関係がどうなっているかもわかります。 また、オブジェクトを選択するために使用することもできます。

ウィンドウ上部には専用のヘッダがあります。

 

Propertiesウィンドウ

Propertiesウィンドウは、Blenderで扱うさまざまな要素のプロパティ(属性)を設定するためのウィンドウです。

メッシュやランプ、カメラ等の設定を変更するためのボタンや入力項目が並んでいます。

ウィンドウ上部には専用のヘッダが、また内部には複数のパネルがあります。 ボタンや入力項目はパネルで分類されています。

ページの先頭へ
 
 

まとめ

標準設定では、画面には、Infoウィンドウ、3D Viewウィンドウ、Timelineウィンドウ、Outlinerウィンドウ、Propertiesウィンドウの5つのウィンドウがあります。

ページの先頭へ
 
Google+ GIMP Community
 
 
-
-
-
-